睡眠を改善して健康に

パブロン鼻炎カプセルZ

今年は、花粉対策の薬で新商品「パブロン鼻炎カプセルZ」が発売になりました。

今までは、鼻炎用のパブロン 鼻炎カプセルSを使っていましたが、今年からはパブロン鼻炎カプセルZにしてみようと思っています。

花粉・ハウスダストなどによるくしゃみ、鼻みず、鼻づまりなどの鼻アレルギー症状を改善してくれるようです。

一般的に、鼻炎薬は眠気が起きるものが多いですね。眠くなりにくい薬でも、眠気はやってきていました。

花粉症対策にユニチャームの超立体マスクと併用しながら、症状が改善されるか様子を見たいと思います。


パブロン鼻炎カプセルZ

パブロン鼻炎カプセルZ」は、医療用抗アレルギー薬「フマル酸ケトチフェン」を配合したスイッチOTC鼻炎用内服薬。「フマル酸ケトチフェン」には、抗アレルギー作用、抗ヒスタミン作用、抗炎症作用の3つの作用があり、花粉やハウスダストなどによるくしゃみ、鼻みず、鼻づまりなどの鼻のアレルギー症状に優れた効果を発揮するということです。すでに起こってしまった鼻炎症状を改善するとともに、アレルギー症状を引き起こす原因物質(ヒスタミンやロイコトリエンなど)の発生を抑えるようです。

医療用成分配合 パブロン鼻炎カプセルZ 10カプセル 医薬品

  • パブロン鼻炎カプセルZは、医療用アレルギー性鼻炎治療薬フマル酸ケトチフェンを配合したスイッチOTCの持続性鼻炎内服薬です。
  • 抗アレルギー作用、抗ヒスタミン作用、抗炎症作用の3つの作用で、花粉やハウスダストなどによるくしゃみ、鼻みず、鼻づまりなどのアレルギー症状に優れた効果を発揮します。
  • すでに起こってしまった鼻炎症状を改善するとともに、アレルギー症状を引き起こす原因物質の発生をおさえます。

「フマル酸ケトチフェン」は、ノバルティス ファーマ社で開発された抗アレルギー薬です。1978年にスイスで販売を開始し、現在では世界約135カ国で販売されています。日本国内においてはノバルティス ファーマ株式会社が1983年から医療用医薬品「ザジテン」として販売を開始し、内服剤の他にも点眼液や点鼻液などが、各種アレルギー疾患に広く処方されています。


効能・効果
  花粉、ハウスダスト(室内塵)などによる次のような鼻のアレルギー
  症状の緩和:くしゃみ、鼻みず(鼻汁過多)、鼻づまり

DHCオンラインショップ

車の中での花粉症対策に、BOSCH(ボッシュ)エアコンフィルター交換しました。

花粉症とは

花粉症とは、アレルギーの一種です。花粉やダニ、ハウスダストといった異物が体内に入ると、体はこれを退治しようと働きます。同じ異物に対して、この「侵入→退治」を繰り返している間に、体が過剰に反応してしまうようになることがあります。これが「アレルギー」です。

そして、その過剰な反応を引き起こしてしまう原因が花粉の場合を「花粉症」といいます。

花粉症になりやすい人は、こうした「侵入→退治」を繰り返してきたことに加え、ストレスや過労、不規則な生活などが重なり、体調が万全ではないことが多いためではないかと考えられています。

風邪と花粉症の違い

花粉症の症状の特徴として、くしゃみが多い・眼のかゆみが強いなどがあります。

風邪の場合は、高い熱が出たりする発熱がありますが、花粉症の症状の場合には発熱はありません。

最新! 売れ筋ランキング リサーチ Copyright (c) 2006-2015 スナフキー All Rights Reserved.