×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

地上デジタル放送を受信して視聴するには?

地デジを見るためには、次の2点を行う必要があります。

  1. 地デジ対応受信機器を準備する
  2. 地デジ受信方式を切り換える

地デジ対応受信機器を準備する

現在アナログテレビを使っている場合は、地上デジタル放送対応テレビに買い換えるか、地上デジタルチューナー等を買い足す必要があります。

地上デジタル放送対応テレビを購入する

地デジ対応薄型テレビ

地上デジタル放送対応テレビを購入し、視聴します。薄型テレビには、液晶・プラズマ・有機ELなど、さまざまな方式があります。

フルハイビジョン放送を楽しむためには、フルハイビジョン対応の薄型テレビにする必要もあります。

地上デジタルチューナー等を買い足す場合と比較して、費用が高価です。

地上デジタルチューナー等を買い足す

既存のブラウン管などのアナログテレビに、地上デジタルチューナーや地デジチューナー内蔵録画機器を買い足して、接続します。

地デジ対応テレビを購入する場合と比較して、価格が安価です。

デジタルテレビで受信する チューナーで受信する
楽しむ方法は? 地上デジタルテレビに買い替える 地上デジタル放送対応チューナーを買い足す
視聴するには? 地上デジタル放送対応テレビを、地デジ対応の受信方式で接続し、設定することで視聴できます。 現在、使っているテレビに地上デジタルチューナーもしくは地上デジタルチューナー内蔵の録画機器を接続し、設定することで視聴できます。
特徴は? 高画質なハイビジョン放送やデータ放送などのアナログ放送にはないデジタル機能を楽しむことができます。 今あるテレビをそのまま継続して使うことができるので、手軽に地上デジタルの放送やデジタル機能を楽しむことができます。 費用が比較的少なくて済みます。ただし、お手持ちのテレビがハイビジョン対応でないと、標準画質になります。
費用はどの位かかるの? ■液晶テレビ13型 約5.5万円
■液晶テレビ20型 約7万円
■液晶テレビ23型 約8万円
■液晶テレビ26型 約10万円
■液晶テレビ37型 約13.5万円 程度
■チューナー:1万5千円程度から
※機能が限定されたチューナーがあります。
■チューナー内蔵録画機器:6万円程度から

地デジ受信方式を切り換える

地上デジタル放送を受信するためには、次のいずれかの方法を利用する必要があります。

フレッツ・テレビ(光回線「FLET'S光」)経由

NTTのFLET'S光を利用して視聴する方式です。FLET'S光+フレッツ・テレビなら、アンテナ設置の必要がなく、ホーム共聴工事を行えば全室で地上デジタル放送・BSデジタル放送が視聴でき、インターネットも利用可能です。ただし、現時点ではサービス提供エリアが限られていますので、注意が必要です。

UHFアンテナ方式

地上デジタル放送は、UHF帯で放送されるため、UHFアンテナが必要となります、既にUHFアンテナが設置されているお宅では、条件さえ合えば、そのまま地デジが受信できます。VHFアンテナのみ利用の場合は、UHFアンテナへの変更が必要です。

ケーブルテレビ経由

各地域のケーブルテレビ会社と契約し、ケーブルを自宅に引き込む方式です。ケーブル方式ですから、アンテナの用意をしなくても地上デジタル放送が見られます。なお、ケーブルテレビは、伝送方式により「パススルー方式」と「トランスモジュ レーション方式」の2つがありますので、自分のテレビが視聴に対応しているかは、契約するケーブルテレビに確認する必要があります。

フレッツ・テレビ UHFアンテナ ケーブルテレビ
楽しむ方法は? 光回線「FLET'S光」方式 UHFアンテナ方式 パススルー方式 トランスモジュレーション方式
視聴するには? 地上デジタルテレビ、または現在使用中のテレビに地上デジタルチューナーもしくは地上デジタルチューナー内蔵の録画機器を接続することで視聴できます。 地上デジタルテレビ、または現在使用中のテレビに地上デジタルチューナーもしくは地上デジタルチューナー内蔵の録画機器を接続することで視聴できます。 地上デジタルテレビ、または現在使用中のテレビに地上デジタルチューナーもしくは地上デジタルチューナー内蔵の録画機器を接続することで視聴できます。 現在使用中のテレビにケーブルテレビ専用の受信機器(STB:セットトップボックス)を接続することで視聴できます。
特徴は? アンテナ設置の必要がなく、ホーム共聴工事を行えば全室で地上デジタル放送・BSデジタル放送が視聴できます。
既にフレッツ光を利用している場合は、月々700円程度の料金追加で視聴できます。
UHFアンテナを設置し、地上デジタル放送を受信します。UHFアンテナを設置すれば、月々の費用は発生しません。 個別受信アンテナは不要です。地上デジタルテレビや地上デジタルチューナーなどを接続することにより、地上デジタル放送を楽しむことができます。 個別受信アンテナは不要です。STBを利用中のテレビに接続することにより、地上デジタル放送を楽しむことができます。
留意点は? フレッツ光とフレッツ・テレビの月額利用料が必要になります。また、現時点ではフレッツ・テレビのサービス提供エリアが狭い範囲となっています。 UHFアンテナの設置が可能であるか。また、電波を受信したレベルが視聴に耐えられるレベルか。アンテナの設置場所によっては、正常に受信できない場合があります。 ケーブルテレビの利用料が必要です。また、使用中のテレビがハイビジョン対応でないと、標準画質になります。 ケーブルテレビの利用料が必要です。テレビ毎にSTBが必要で、利用料が加わります。また、使用中のテレビがハイビジョン対応でないと、標準画質になります。
何を確認するの? フレッツ光及び、フレッツ・テレビのサービス提供エリアであるか。 UHFアンテナでの電波受信可能地域であるか。 ケーブルテレビの工事費、利用料や機器レンタル料などの費用が発生します。※詳しくはケーブルテレビ会社へお問合せください。
費用はどの位かかるの? (一戸建て、テレビ複数台を接続する場合)
■初期費用:2万程度から4万程度
■月額l利用料:6200円から
※工事費は時期により料金が異なります。
(一戸建ての場合)
■設置工事費:7万円程度
※設置場所やアンテナの数により、工事費が異なります。
(一戸建て、TV単独新規加入の場合)
■新規加入契約料:0から7万程度
■初期工事費:2万程度から5万程度
■月額l利用料:3000円から4000円程度
※ケーブルテレビの方式や受信機器の台数、設備状況や契約内容によって料金が異なります。

電波の送信所からの受信状態が良い場合は、地デジをUHFアンテナで受信が、おすすめです。

現在は、液晶テレビ東芝REGZA(レグザ)Z7000にて、ハイビジョン放送を堪能しています。

家電・AV・カメラ
最新! 売れ筋ランキング リサーチ Copyright (c) 2006-2015 スナフキー All Rights Reserved.