デルのパソコンDimension 9200を通販で購入

Dell Dimension 9200

出張のため、急遽パソコンを購入しなければならなくなりました。今までは、一般的な富士通のパソコンばかり使ってきました。

今回は予算の都合もあり、次のポイントに注目して、パソコンメーカーおよび機種の選定を行いました。

  • 価格が安いこと(15万円以下)
  • OSとして、Windows Vistaを搭載していること
  • HDDなどハードウェアの拡張性があること
  • グラフィックソフトなどの重い処理でも快適に動作すること
  • 不要なソフトウェアがインストールされていないこと

価格が安いパソコンとなると、一般的な店舗で販売されているものではなく、メーカーの直販サイトなどで販売されているパソコンになってきます。主要なメーカーとしてDELL(デル)、HP(ヒューレット・パッカード)、EPSON DIRECT(エプソン ダイレクト)などを比較しました。

ハードウェアの拡張性を考えると、デスクトップパソコンになります。またHDDなどを追加するとなると、ミニタワーなどのタワー型になります。

ソフトウェアが快適に動作する環境として、CPUを高性能なものとし、メモリも多めにすることにしました。Windows Vistaを使うこともあり、メモリは2GByte搭載することとしました。

以上の条件に見合うように機種を比較して、DELL(デル)のパソコン「Dimension 9200」を選びました。

注文から到着まで

注文は、デルのWEBサイト上で簡単に出来たので良かったです。購入するタイミングにより、各種クーポンを利用できますので、急ぎでなければクーポンの内容をチェックしながらパソコンを購入するタイミングをはかりたいところです。

急きょ必要になったパソコンなので、納期はとても気になるところです。DELLの場合、海外で製造して船便で輸送するようです。注文から自宅に到着するまで、2週間はかかりますね。

注文したパソコンの、現在の状況がWEBサイト上で確認できます。やはり、船での輸送が長かったですね。

Dimension 9200を使った感想

届いた段ボール箱を開けて、初めにパソコン本体を見たときは、思わず「でかっ!」と言ってしまいました。寸法は分かっていたので大きいだろうなとは思っていたのですが、実物はさらに大きさを感じさせます。

電源を投入し、初期起動中はファンなどの動作音が大きいですが、OSであるWindows Vistaの起動が終了すると静かになります。

パソコンを起動して、メモリの使用量を確認すると、700MByteぐらいは使っているでしょうか。Windows Vistaを快適に使うためには、最低メモリ2Gバイトは欲しいところですね。今回の購入では、メモリを2Gバイトにしていたので、大正解でした。さらにメモリ増設をパソコンへ2Gバイト行いました。

HDDは1台追加して使っていますが、快適です。簡易データバックアップの際には、2台あるHDDのうちの別なHDDへファイルをコピーするようにしています。外部メディアへバックアップするときには、DVDハイパーマルチドライブなどが便利ですね。

ソフトウェアとして、Microsoft Officeはインストールしていません。ホームページの作成にホームページ・ビルダーパソコンのウイルス対策ソフトなどをインストールして快適に動作しています。

プリンタとしては、キャノン プリンター複合機 PIXUS MP800を接続しています。印刷も楽楽です。

シャープ デジタルハイビジョンレコーダー DV-AC52地上デジタル放送をDVDへコピーし、このパソコンで再生しようとしたのですが、うまく再生できませんでした。パソコンでCPRM DVD再生するには、CPRM対応ソフトウェアが必要になります。「WinDVD」や「PowerDVD」の購入が、おすすめです。

私のパソコンに搭載されているDVDドライブは、「PHILIPS DVD+-RW DVD8881」です。DVD8881は、CPRM対応のようですので、CPRM対応DVD再生ソフトウェアを追加購入すれば、CPRMのDVDも再生できます。

また、ドキュメントフォルダを移動(Windows Vista)を実行して、システムドライブの負荷を軽減するのは、おすすめです。この後で、iTunesの音楽を新しいパソコンへ移動するのが良いですね。

パソコン・周辺機器
デル株式会社
最新! 売れ筋ランキング リサーチ Copyright (c) 2006-2015 スナフキー All Rights Reserved.